借金催促の実態

ジョジョの奇妙な生活苦

借金催促の実態

現在は債務整理をして返済を続けていますが、それ以前は返済額が大きすぎて取り立ての電話が何度もかかってきたことがありました。
その際の経緯や取立ての仕方などを紹介したいと思います。

 

催促の電話はほとんどが社名は名乗ることはありませんでした。
最近はマニュアル化されているのか、対応も悪く無かったです。
電話に本人が出たことを確認したら、はじめて社名を告げていました。

 

名前自体は偽名を使うことは無く、社名だけを伏せて個人的な要件だと感じさせるように配慮してもらえる感じです。

 

連絡の内容は遅れている事実を告げること、そして支払いの催促をすることです。
約束が取れればその後連絡がくることはありません。
しかし、もし支払いが何度も遅れていたり、支払いの約束が取れない場合は、1日になんども電話がくることもあります。

 

しかし、電話での対応は恐喝のような怖い態度は一切なく、事務的な対応が多くなっています。
返済をしてくれる人はその後よいお客さんになってくれる可能性もあるからで、対応が悪い会社は少ないようです。

 

また、電話で約束を取り次げなかった場合は、郵送での対応もあります。
事実を告げること、支払い金額などの記載があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ