ジョジョの奇妙な生活苦

ジョジョの奇妙な生活苦

我が家の詳細

まずは家の家庭の詳細から
子どもが2人います。最近下の子どもが生まれたばかりです。
下の子どもを産まなければ家計が火の車になることはなかったということではなく、ほかに色々と借金があるのが原因です。

 

家計の収入は約30万円あるのですが、それでも返済の額が大きすぎて生活苦です。
現在は色々と対策をやり、ようやく楽になってきたのですが、まだ返済金額は終わっていない状態です。

 

家は新築を購入したため住宅ローンがあります。
子どもはまだ小さく私も働きにでるため保育料がかかります。
一番大きいのが過去に消費者金融でお金を借りたことです。

 

現在は債務整理を利用して借金は減りましたが、ゼロにはなりませんでした。
この金額が月々10万円くらいになっているのが一番大きいですね。

 

この状態であと何年も支払いが残っているため、かなりの生活苦なんです。
一番は消費者金融でお金を借りたことですが、かなり無計画だったのがいけなかったのだと思います。

 

過去の消費者金融の利用歴、節約術なども紹介していきたいと思いますので、これから借りたいと思う方は参考にしてみてください。
子どもがいて月々の返済が大きいのって大変です。

 

皆さんがこのような間違いを犯さないよう、自分への戒めとして情報を公開したいと思います。

任意整理は成功しない場合も

私の場合借金が月々10万円近いことからもわかると思いますが、債務整理をしても借金はほとんど減らなかったことになります。
その理由は弁護士に任意でお願いしたからでした。

 

本来は自己破産して借金をゼロにしなければならなかったようです。
この場合は、もちろんほかの資産も失いますから、現在持っている新築住宅もなくなります。

 

私達の家庭には2人の子どもがいるため、住宅を手放すのは避けたく、現在でも債務整理後の月々10万円を支払っています。

 

自己破産はどうしても考えられないため、仕方がないことですけどね。
ちなみに自己破産をすると必要だと認められない以上、車の保有もできなくなります。
仕事で使うなどしかたない事情がある場合のみです。
 
また、携帯電話やクレジットカードなど、今後作るのは難しいそうです。
これから子どもが大きくなるというのに、これでは困りますよね。
 
お金を借りた経緯は、事故にあってしまいちょうど保険の契約内容が悪かったからです。
相手に支払う金額を親に借りるわけにもいかず、仕方なく消費者金融で借りたのが始まりでした。

 

夫の年収からは問題ない金額だったようで、審査もクリアしお金を借りることに。
後先を考えず借りてしまうと、大変なことになってしまいます。

 

消費者金融って簡単に借りれるの? 

関連リンク

消費者金融おまとめ・・・消費者金融からお金を借りるかた専用の情報サイトです。

住宅ローンへの対策

私の場合生活苦で借金が毎月10万円の返済がありますが、それでも住宅を手放すつもりはありません。
そんな時に直面しやすいのが、住宅ローンまでも支払えなくなってしまうことですよね。

 

対策としては銀行に連絡し、利息のみでも払うと申し出ることなんだそうです。
債務整理をした際に弁護士の方に教えてもらいました。
今は何とか借金返済が続けられている状態なので良いのですが、万が一の際には利用させてもらおうと思っています。

 

一番やってはいけないことが、だまって住宅ローンの返済を遅れることなんだそうです。
このやり方だと住宅が担保になり取られてしまう可能性も。
銀行だとある程度猶予を認めてくれるそうで、消費者金融の支払いの滞りより、住宅ローンの支払いを相談したほうが良さそうです。

 

なんでも、銀行側としても支払いができなくなるのを一番避けたいみたいです。
相手側にとって最悪なのは自己破産。
銀行側には住宅は残りますが、ちゃんと返済してくれたほうが利益が上がるに決まっていますから。

 

もし私のように住宅ローンも利用していて、消費者金融も使っている場合、返済の滞りがあるようなら、住宅ローンのほうを先に相談することをおすすめします。

 

もちろんそれでもダメなら、最悪は自己破産となってしまいますけどね。

 

消費者金融って簡単に借りれるの? 

生活苦でキャッシングしかない?

生活苦の私がいうのもなんですが、生活費が足りない場合の対処方法を紹介したいと思います。
生活苦になるとキャッシングしかないのか?
実はそうではないんですね。

 

公的機関では生活費が足りない人むけの貸付制度もやっています。
これにはちゃんと条件があって、病気などで仕事に就けなかった人、出産など事情がある場合です。

 

公的な融資の場合は一般の消費者金融と比べると、金利が低めに設定されていることが多いようです。
借りることができる金額も大きくはないし、しばらくの生活費のみを借りるだけです。

 

ではキャッシングは利用しないほうが良いのか?
私も現在事故を起こし相手方に保険を支払うために消費者金融を利用していますが、キャッシングの存在はとても助かりました。

 

そのため、キャッシングが全てダメというわけではないように思います。
返済の目処があるなら利用してもOK。
でも後々私のように債務整理をしなければならない状況なら、公的機関での借り入れも考えてみると良いと思います。

 

また、最悪の状況で生活苦があるなら、生活保護を利用する方法もあります。
色々と考えてみて、それでも直ぐに借りなければならない状況があるなら、キャッシングも良いかもしれませんね。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ